士業事務所経営コンサルタントブログ

グレートカンパニーツアーin東海岸レポート

2014/10/21

会計所経営コンサルタント 宮井 亜紗子(ミヤイ アサコ)


グレートカンパニーツアーin東海岸のレポートをお送りいたします。

ツアー最初は、 TEACH FOR AMERICAの講演を聴きました。

TEACH FOR AMERICAとは、
2010年度全米文系学生就職先人気ランキングで
Google、Apple、ディズニーなどを押さえて一位を獲得しているNPO法人です。
1万名を超える優秀な人材を教育問題が顕著なエリア・学校で教員として派遣しています。

どれくらい優秀な人材が、このNPO法人に応募しているかというと、
ハーバード大学の卒業生の18%が応募し、3万人以上が落とされるといいます。

また、GEやゴールドマンサックスなどは、TEACH FOR AMERICAのプログラムを終えた人材を積極的に採用しているといいます。 これは、この2年間のプログラムを終えるころには問題解決能力が備わったり、
レジジリエンスが高まっていたり、リーダーシップを取れるようになっているため、
企業としては真っ白な新卒を採用するよりも、積極的にほしい人材となるのです。

アメリカほどではありませんが、日本でも優秀な人材の社会貢献意欲は高いと感じます。
単に仕事=お金ではなくなってきており、
対自分にとってのやりがいだけでなく、地域社会や他人にどれだけ貢献できるかも
仕事を選択する上で重要な軸になっています。

TEACH FOR AMERICAでは、
働きやすい環境づくりにはリーダーシップを取れる人間が必要といいます。
それには優秀な人材を集めなければなりません。

ではどうしたら優秀な人材を集めることができるのか?

それは、やはり現在のリーダーが仕事を通じて達成できるミッションを明確にし、
その重要性をメンバーに認識してもらうことだと思います。

なぜ、この仕事をするのだろうか?
なぜ、この仕事は人の役に立つのだろうか?

本来は、自分自身で答えを見つけるものだとは思います。

ですが、やはり見えている視野の広さが違うからこそ、
リーダーとなる人がビジョンを明確に伝える必要があるということを
強く再認識した講演でした。

中小規模の事務所にとっては、採用が厳しくなってきます。
そのような中、優秀な人材を採用するためには、
是非所長のビジョンを明確にし、社会・他社への貢献性を取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきまして、 ありがとうございました。

会計事務所経営コンサルタント 宮井 亜紗子(ミヤイ アサコ)

宮井 亜紗子
(ミヤイ アサコ)
のブログはこちら

Copyright ©Funai Consulting Incorporated All rights reserved.