士業事務所経営コンサルタントブログ

社員活性化のヒント~良識ある経営者の方へ~

2016/02/22


社労士事務所コンサルティングチーム 丸田 憲司朗(まるた けんしろう)


組織の活性と人材育成は、企業において永遠のテーマ。


近年では、アルバイトスタッフさん・パートスタッフさんが戦力の中心となり
その活躍が事務所の鍵となっている場合も多いのではないでしょうか。
そんな重要な戦力であるスタッフさんたちがイキイキと働く職場は素敵ですよね。
逆に、活力のない目が死んでいる人たちばかりだと所長さんまで
ネガティブになってしまいます。


そうなってしまっては、従業員の生産性を上げるどころではなくなってしまいますので
絶対に避けたい状況です。


そこで今回は全業種で使える活性化成功のヒントをご紹介したいと思います。


ビジネスの「人間的側面」を開発する

アンミー・レス(eBay・スカイプ 元グローバル人事部長)より


現在伸び悩んでいる多くの企業の問題点は、社員に十分な権限を与えず、
彼らの可能性を最大限に活用できていないことだ。

20世紀のビジネスの成功は、プロセスや構造を整えて、
人々を機械のように働かせることによって成し遂げられた。
だが、未来の成功のためにはビジネスの「人間的側面」をより重視する必要がある。


歴史的に人類は、互いに協力して団結し、建設的な意味合いで衝突することによって、
不確かなものに対処しながら進化を遂げてきた。


産業界は、人々が繋がりや会話や実験を重んじるような思考法を開発していかねばならない。


ここで鍵となるのは「好奇心」である。
「既存の方法は、本当に優れているのか?」
「ここにはもっと優れたソリューションがあるのではないか?」
という問いを常に立て続ける必要がある。


いかがでしょうか?


うまく回っている会社では必ずと言っていいほど従業員がイキイキしています。


その会社の業績は働いている方たちを見れば一発でわかるほどです。


どんな助成金や綺麗なオフィス環境よりも、
従業員の好奇心が満たされる権限ある仕事が有効なようですね。


良識あるマネジメントのヒントになれば、幸いです。




★社労士事務所の経営に関する最新情報はコチラ 船井総合研究所 社労士事務所経営.com


社労士事務所コンサルティングチーム 丸田 憲司朗(まるた けんしろう)

丸田 憲司朗(まるた けんしろう)



Copyright ©Funai Consulting Incorporated All rights reserved.